建物の困ったにお答えいたします。注文住宅・リフォームならお任せください。

お問い合せ各種
0551-45-8735

新築時のポイント - Build -

別荘は雪や傾斜など市街地ではあまり想定されない立地の建築になります。
別荘建築におけるおさえておくべきポイントをご紹介します。

新築時のポイント

自然溢れる八ヶ岳南麓の大地では、土地柄特有の配慮が必要です。
土地の傾斜や、冬季の降雪・凍結といった寒冷地対策など、
建築時のポイントをご紹介いたします。

基礎は地中深く

冬季の地中凍結による地面の膨張が寒冷地では発生します。
建物の基礎を土が凍る位置(凍結深度)より上に設置すると、基礎の位置が動いて建物が持ち上げられてしまいます。
八ヶ岳南麓はおおよそ標高700~1200mの間に位置し、真冬にはマイナス10度以下になることもあります。
地中凍結による建物の傾斜を防ぐために、当社では全て基礎の底盤を凍結深度以下まで埋め込んでいます。

<参考情報> 凍結深度 八ヶ岳:約60cm、安曇野:約80cm 首都圏の通常の住宅では基礎の埋め込み深さは布基礎の場合、約30cmとされています。

給水・給湯配管の凍結防止

寒冷地では、冬季の気温低下により水道管などが凍結することがあります。
凍結による断水や、管の破損による漏水、設備破損などを防止するための対策が必要です。

当社では、水廻り設備は「水抜き作業」ができる寒冷地仕様の製品を提案。
地上に露出する給水・給湯配管には、サーモスタット式の凍結防止帯(電気ヒーター)を巻いております。

また、お引き渡し時には、当社作成の「水抜き作業マニュアル」をお渡ししております。

屋根にも配慮を

落葉、積雪と自然溢れる八ヶ岳南麓は、屋根にも配慮が必要です。
屋根形状はできるだけ単純な形にし大きな勾配をつけ、雪を落としやすくし落ち葉もたまりにくくします。
素材についても、サビに強く長期耐久性が高いといわれ、特に密閉性が高く水が入り込みにくい構造の「ガルバリウム鋼板」を推奨しております。

冬でも快適な設備をご提案

別荘ブームだったバブル期は、八ヶ岳は避暑目的のイメージが強くありましたが、昨今の断熱性能向上により、一年を通して快適にリゾートライフを過ごせるようになりました。
繊維系、発泡プラスチック系など多種多様な断熱材から、気密性に優れた樹脂サッシに複層ガラス、寒冷地らしい薪ストーブや便利な床暖房、コストパフォーマンスに優れるFFストーブなど、冬のリゾートも愉しめるよう、ご予算に合わせて様々なご提案をしております。

  • 八ヶ岳周辺で、建物の事にお困りなら是非ご相談ください。0551-45-8735
  • メールフォームからもご相談承ります。お問い合せ・資料請求
© 2020 YATSUGATAKE BUILD WORKS CO.,Ltd.All rights reserved.